パウダーファンデーション

では、塗ってみましょう。

付属しているスポンジではなく、ルースパウダーなどに使うパフを使うことをお勧めします。少量パフにとり、顔の半分ずつ塗っていきましょう。

中央から外側に向かってソフトタッチで塗っていきます。
シミやしわをカバーしたいからと言って、強くこすりつけるのは禁物です。

まず、目の下から耳の上、次に、小鼻から耳の中央、あごから耳の下と、パフをすべらせるようにつけていきます。
反対側も、同じようにファンデーションをとり、のばしていきます。
ひたいは、パフに残ったファンデーションでのばします。小鼻や目の周りなどはパフを半分に折って仕上げてください。

筋肉をよく使う目元や、口元に多くパウダーをのせてしまうと、ヨレの原因になります。
トラブルが気になるところほど、うすーくのせましょう。
クマやしみを隠すときは、アイシャドウ用のチップなどで軽くのせてカバーしましょう。

仕上げはパフを広げて、ファンデーションをつけずに、
顔全体をパフでなでるようにして、ムラなく仕上げます。

最後に、手のひらですっぽり顔を包みこむようにします。
手のひら全体で顔全体を軽くおさえて、ファンデーションをなじませます。
フェースラインは、首すじに向かって軽くなじませると、首との境もできずに、自然に横顔も美しく仕上がります。
体の中からの美肌を目指す方は、こちらのサイトの プラセンタエキスサプリメントの効果のページもオススメです。